セルライトエステは場所にもよりますが、事前に電話での確認をしなかったり持ち物を忘れたりしてしまうと、エステが受けられなくなってしまう場合があります。今記事では、初めてセルライトエステに行く際知っておくと便利な持ち物や注意点についてまとめてみました。

セルライトエステのメニュー表について

セルライトとは、脂肪に老廃物や水分が結びついてできてしまった塊のことです。一度出来てしまうと、自然には取れることがなく、痩せていても出来てしまうという特徴があります。特に、太ももやおしりに出来やすく、手で肉を持つと、ボコボコとしているのが自分でも分かります。

セルライトエステは肥満に悩む欧米を中心に行われてきました。日本に導入されたのは、割と最近ですが、セルライトエステで有名な、エンダモロジーは1986年に開発された機械です。セルライトエステのメニュー表は、エステによって異なりますが、使われる機械によって区別されていることがほとんどです。

エンダモロジーは、脂肪を吸引するための特殊なローラーを使って、セルライトを除去していきます。エステだけでなく医療の世界でも使われるほど安全性が高く、効果も高いです。そして、キャビテーションもよく行われています。

超音波を当てることで、脂肪を融解する働きがあり、部分痩せにも効果的です。EMSは電気の刺激を与えてセルライトを除去し、ラジオ波はラジオの周波を使うことで即効性のある施術が可能です。他にも、特殊な光を当てたり、遠赤外線サウナで脂肪を溶かすメニューもあります。

セルライトエステに行くときの電話確認と持ち物

セルライトはお腹やお尻・太ももにできるブロック状の組織で、普通の皮下脂肪に対する対処法では無くすことができないとされています。そのためセルライトを無くすことができるセルライトエステはとても重要なものです。

しかしセルライトエステを受ける前に電話での確認をしなかったり持ち物を忘れたりしてしまうと、エステが受けられなくなってしまうので注意しましょう。まずインターネットでWebページから希望する日や個人情報などを入力してそれを送信して予約します。

その後に店舗から確認の電話がかかってきます。持病があるかどうかや妊娠しているかどうかが訊かれますが、妊娠しているときには施術を受けることができません。このエステでは超音波を利用して骨伝導が体内に伝わるのですが、この骨伝導は赤ちゃんにも伝わるので赤ちゃんに影響が起こるおそれがあります。

前日に確認のため電話が掛かることがありますが、このときに当日の持ち物についての連絡があります。本人確認のために保険証か免許証を持っていってください。保険証や免許証を持っていかないと施術が受けられなくなってしまうので気をつけましょう。

着ていく服は普段着でも構いません。施術のときにバスローブに着替えるので脱ぎ着しやすい服が良いでしょう。

セルライトエステで蒸しタオルを使う理由

きれいなボディラインを作るのに欠かせないのは痩せた身体です。脂肪が多い身体ではどうしても見た目の美しさを出す事が出来ません。そのため、ダイエットに励む女性が多いのですが、どんなに努力して痩せても一度太ってしまうとセルライトが出てきてしまい、これは自分の力で取り除くのは難しいものです。

しかし現代のエステでは、しぶとく残るセルライトも除去する技があり、痛みや苦しみを感じずに取り除くことが可能になっています。今ではセルライトエステというジャンルが出来てしまう程、美意識の高い女性には人気があります。

セルライトエステの方法はサロンによって様々ですが、蒸しタオルを使うところが多く、これはまず固まってしまった脂肪を温めて柔らかくするという目的があります。硬い状態のままでは揉み解したり、力を加えてもセルライトが取れにくいので、まずは温めるというのが基本となっています。

尚且つ蒸しタオルを使う事によって、全身の血流も良くなり、それによって代謝も上がりますから、脂肪を燃やす力が格段に上がります。温かい状態で施術を受ければリラクゼーション効果もあります。このように蒸しタオルは意外な程に大きな効力を持っています。

セルライトエステにおけるユニフォーム着用の有効性

ほとんどのエステサロンではエスティシャンや受付などにユニフォームの着用を義務付けています。

頑固な脂肪の一種でであるセルライトを解消する専門プランのセルライトエステでは施術者がマッサージの時に直接お客の体に触れる機会があるため、ユニフォームは清潔感がありながら実際的なものが好まれる傾向にあり、淡い色で半袖か袖先がお客の邪魔にならない丈、それにポケットがついていることが多いのが実情です。

スタイルはスカートパンツ両方みられますが、爽やかな印象を大切にしていることに変わりはありません。過剰なアクセサリーやヒールの高い靴については禁止することで安全性を確保しているサロンが大半です。

美しさを提供するサービス業として統一感のあるユニフォームはスタッフが大勢いても見た目に邪魔にならず、実際上の理由のほかにセルライトエステを受ける顧客があくまでもリラックスできる満足度の高い非日常の空間をつくりあげるのにも役に立っています。

エスティシャンの扱うプランやランクなどでユニフォームやバッジなどを分けて判別しやすいようにしているサロンもありますが、いずれにしても定期的にクリーニングにだし、プレスのきいたものを着用する事が大切です。

セルライトエステで若返りも夢ではない

すっかりおばさん体形になってしまったと思っていませんか。そこから若いころの体形に戻すことはとても大変なことです。しかし、決してできないことはありません。足が太くなってきたと感じていたとしても、たとえセルライトが付いてしまっているとしてもあきらめなくて大丈夫です。

セルライトエステに通うことで、セルライトのない美しいスタイルを手に入れることができるでしょう。セルライトができてしまうと、その部分は運動をしても細くすることがとても難しいです。たいてい細くしたいところにセルライトが付いてしまうので辛い思いをされた人もいるでしょう。

セルライトエステに行けば、自分で落とすことが難しいセルライトを落としてくれます。そうすれば若返りだって夢ではありません。機械やマッサージなどでセルライトを除去してもらえます。方法に関しては、エステサロンによってもまちまちです。

だから、自分で受けてみたいと思う施術をしてくれるエステサロンを探しておいたほうが良いでしょう。セルライトがなくなると、その表面が凸凹していたのがつるつるになっているでしょう。ただ太いだけではなく、見た目もかなり悪くしていたのです。このことに早く気付いて、早くセルライトエステに通いましょう。

痩せ難いセルライトエステのポリシー

甘いものやスナック菓子を控えたり、運動などを取り入れてダイエットをして体重が減っても、セルライトがついている箇所は痩せにくい特徴があります。特に脚やヒップなどは皮下脂肪が脂肪や老廃物、水分などを溜めこんで肥大化し、デコボコとしたセルライトができやすいです。

セルライトは長い時間をかけて硬くなった皮下脂肪ですので、こびりついた汚れのように、簡単には落ちてはくれません。自力で落とそうとして、色々なグッズを試している人もいますが、マッサージで揉み出したり、お風呂で血行を促進したりと工夫はするものの、予防はできても、除去するのは難しいのが現状です。

セルライトエステコースでは一人一人に合わせた取り組みを行うというポリシーのもとに、最短で結果が現われるように様々な方針を打ち立てています。

その1つにヒップの付け根からふくらはぎまでの部分に、セルライトエステにとって効き目のある周波数のラジオ波を照射し、脂肪を燃焼させるコースは、セルライトの除去と予防の他にも、トリートメント効果もあり注目されています。

また低周波~高周波の電気刺激を利用して筋肉を刺激し、気になる箇所についているセルライトを集中的に除去し、引き締めてくれるコースにも期待が寄せられています。どのコースでも、個人のプライバシーを守り、リラックスできる空間を提供するいうポリシーも忘れてはいません。