エステサロンで働きたい。となった時、人肌に触れたり、美容に関する仕事だから資格がないとできないんじゃないかと諦めてしまう人も…。

しかし実はエステティシャンとして働くには公的な資格は必要ありません。今回は、諦めてしまう前に知ってほしい資格の事や働く際に重要な点など”エステに通う”ではなく”働くということについてまとめてみました。

エステティシャンには公的資格はありません

エステティシャンとして働くには公的な資格は必要ありません。しかし、肌や体の事や栄養学についてそれなりの知識がなければお客様にアドバイスをする事は出来ないですし、効果が期待出来る施術を施す事も難しいです。その為、団体や企業などが独自の資格を作って認定をしています。

資格取り方は専門学校へ通ったり、通信講座で学んだりその人にあった勉強方法を選ぶ事が出来ますが、専門学校などではエステの機械もありますし実技指導なども行っていますので、仕事として長く働きたい方は自分の知識や技術力を高める為にも専門学校で本格的に学ぶ事をおすすめします。

実際に施術を行うには経験が大切ですので、自分自身でセルフマッサージをしたり、家族や友人に練習を兼ねてマッサージをしてあげるのも良いです。一人でも多くの人の肌に触れてエステを行う事が自分の技術力を上げることに繋がります。

またエステ業界は常に進化をしており、新しい機械や施術方法が次々と出てきますので、常に勉強が必要ですし美容についての最先端の知識を持っておく必要があります。資格を持っていればお客様は安心しますし、自分の技術力を客観的に判断した物ですのでエステ業界への就職にも有利になります。

エステサロンでバイトをするメリットについて

エステサロンで働いているスタッフは、専門的な資格や技術を身に付けた人ばかりだというイメージがあるでしょう。しかし、実際には資格や経験がなくても採用されることはあります。求人情報をみると未経験でも積極的に採用しているエステサロンがあるので、興味がある方や美容関係の仕事に就きたい方にはおすすめです。

募集している雇用形態はそれぞれのサロンによって異なりますが、正社員以外にバイトやパートのスタッフを募集しているサロンもあります。大学生で美容やエステに興味がある方、家庭の主婦で自分の美容にも役立てたいという方にも適した職場と言えるでしょう。

エステサロンに採用されたら具体的にどのような仕事を任されることになるのか、求人に応募する前に確認しておきましょう。採用されていきなりお客さんの施術に入るというわけではなく、あらかじめ講習を受けて技術と知識を身に付けていきます。エステティシャンとして働くためにはマッサージ等の技術が必要になります。

一人前になって施術を任されるようになる頃には、自分自身にも磨きがかかっているはずです。美容に関する知識を深めることでダイエットにも役立ちますし美肌効果もアップするでしょう。バイトなら自分の都合に合わせて働けるというメリットもあります。

エステで働く方の志望動機とは

エステサロンで働く方の志望動機とは何なのでしょうか。人により違いがありますが自分一人の手によって女性を美しくできるというやりがいを目的に始める方が多いのです。エステは機器も使いますが結局はエステティシャンのマッサージ技術などが重要になります。ですので自分に技術があればお客様もキレイになり、さらに満足感も体感してもらえるのです。

これは他の仕事ではなかなかできないことです。そして将来的には独立したい方なども志望します。エステサロンで働いて修行をして技術を磨いたあとで自分で開業をするのです。技術はもう手についている状態ですので後は自分の好きなように営業すればよく、楽しみながら働けます。他にも自分の美意識を高めるためにする方もいるのです。

他の人をキレイにする仕事をする方は自分もキレイにならなければいけません、美しくない方が施術をしてもアドバイスをしてもあまり説得力がありません。これをきっかけに美しさに対して気を遣うようになりドンドンときれいになります。お客様からも憧れられる存在になるのです。

人を美しくする仕事は人の人生を楽しくする仕事でもあります、感謝の気持ちがお客様からすぐに伝わるのも魅力的な仕事になります。

オシャレ女子のエステの受付のアルバイト

エステサロンの受付のアルバイトは美容に関心の高い女子であれば非常におすすめのお仕事です。エステサロンにやってくる方は美意識の高いお客さまばかりなので、常にそういった空間に自分の身を置くことで自らの美意識をより高めることができます。

また、受付はエステサロンのいわば顔となるポジションですので、普段からお肌や体系、メイクや髪などの身だしなみも毎日気を付けるようになります。初めてお店にやってきたお客様にとってスタッフは理想の姿であればあるほど、そのサロンに魅力を感じます。こんな風になりたいな、と思わせるようなスタッフがいるお店だからこそ、自分もきっとそうなれると安心して身を置くことができるのです。

またエステサロンで働いているとさまざまな美容に関する知識や情報を得ることができます。先輩スタッフがお客さまにアドバイスする姿を一日に何度も見かけているうちに、何が原因なのか、どこをどう改善すれば理想の肌や体系を手に入れることができるのか、そういったことを考えることができるようになるので自然と自分も気を付けるようになります。

楽しく働きながら、自分の女子力も磨くことができる、それがエステサロンで働くことの一つの魅力と言えるでしょう。

正社員が働いているエステ

エステで施術を受ける場合には、スタッフの勤務形態にこだわってサロンを選ぶとよいです。エステでは、アルバイトやパートとして勤務させているところも多く、安定的な質を供給することは難しくなっています。

アルバイトなどで雇用されている場合、施術についての講習を受けることなく簡単な説明のみで施術をおこなっていきますが、十分な技術力がないことで、トラブルが起こる可能性が高くなってくるのです。

その点、正社員として勤務している場合には、十分な研修を受けることで、確かな技術や知識を身に付けられるようになってきます。人体の皮膚や毛についての知識を身に着けることで、それぞれの方に合った方法で施術をおこなうことが出来たり、機器を正しく使用できるため、トラブルが起こる心配もなくなってくるのです。

また、正社員を雇っているエステでは、施術に関しての責任についても自覚しているため、安心して通えるようにもなってきます。スタッフに、確かな技術力を身に付けさせる対策を重視しているサロンであれば、トラブルが合った時にもすぐに対応してもらえるため、安心して通えるようになるでしょう。施術やアフターケアについて重視したいときには、正社員のいるエステに通うとよいです。

エステの事務の仕事内容と求められること

エステには、必ず事務を担当する方がいます。事務と言っても、帳票類の処理だけではありません。電話対応や来客対応など、エステの顔として活躍することが求められる仕事です。事務の仕事として行うことには、先ず来客対応があります。

来店されたお客を出迎えて、名前や予約内容の確認などを行い、待合室に案内してスタッフに連絡するなど、一連の対応をよどみなくこなす必要があります。また、施術を受けた後のお客に対応して、会計を行います。また、電話対応も大切な仕事です。初めて電話したお客に対して、分かり易く施術内容等を説明し、質問に対しても適切な回答をすることが求められます。

また、予約の電話に対しては、予約時間やお客の名前、担当スタッフを確認して予約を受け付ける必要があります。この時に間違いがあれば、お客に迷惑をかけてしまいますし、それはひいてはお店にとって大きなダメージとなります。

この仕事を行う際に求められるのは、お客への対応がメインとなるため、第一にきちんとしたマナーを身につけていることと、明るい態度をとることができることです。お客に最初に接する仕事であるため、お店の顔としての役割を果たしていることを自覚し、ホスピタリティーをもって仕事に臨むことが求められます。

エステの面接の重要点

女性が綺麗になりたいという気持ちをサポートできる仕事が、エステティシャンです。現在、日本のみならず世界中でエステティシャンの需要が高まっています。求人を見てみても数多くのエステティックサロンの求人が紹介されていることが分かります。

しかしながら、初めて美容業界で働く方であれば、面接の際にどのようなことを聞かれるのかと疑問や不安を抱えている方も少なくありません。エステティックサロンでは、集団面接や筆記試験、会社説明などがあります。どうしてこの会社を志望したのかなど動機を聞かれることもあるので、事前に答えを用意しておくと良いでしょう。

また、就職後は、何をしたいのかをきちんと明確にすることが大切です。働き始めた後に自分が何をしたいのか分からない方は、敬遠されがちになります。きちんとやりたいことが明確になっており、会社が注力する事であれば好印象を与えることもできるでしょう。

エステサロンでは、脱毛のみならずフェイシャルや痩身、ボディケアなど数多くの施術をこなさなければなりません。思っている以上に体力が必要な仕事でもあるので、体力に自信があることや健康や美容に知識が深いことを面接官にアピールすることで高評価を得ることもできます。

接客姿勢が問われるエステの受付の仕事

エステの受付の仕事は、その店舗の顔みたいなもので一番お客さんと直に接触する機会が多いです。サービス業の基本は、第一印象が肝心となりますので、その第一印象によって今後が決まることも多いため、それを良くするために努力をすることが必要です。そのため、しっかりとした挨拶や言葉遣い、お客さんの相談や問い合わせに対する対応力などが問われることとなります。

その他に肝心なのは、美を扱う分野なので美意識が高く、来たお客さんが憧れる様な存在の人が担当されることも必須です。エステ店は時間帯によって、お客さんの人数にばらつきがあり、お客さんがほとんど来店してこない時間帯があれば、ひっきりなしにお客さんが来店される時間帯もあります。

ただ分業化が進んで受付の事務的な仕事だけに特化している場合もあります。お客さんが来られたら対応をしますが、本格的に施術に移行する段階となると担当者が代わります。つまり受付から施術までを一貫して行なわないため、負担もその分軽くなります。

ただ大抵のエステ店は予約制となっているため、担当者が受付から施術までを1人で行なうことも多いです。店舗によっては少数精鋭でサービスを行なっている場合も多く、担当が代わるより同じ人が対応し続けた方が親密感や安心感が生まれる効果もあります。